「肌に自信がない」人は発酵食品不足の傾向

2017年8月7日イベント&レポート

8月8日は発酵食品の日「現代日本人の発酵食品摂取と体調」に関する調査
5年前と比べ「醤油」「味噌」など和風発酵食品の摂取頻度が減少
「肌に自信がない」人は発酵食品不足の傾向
夏の終わりの急激な気温の低下にも要注意
日本人の2人に1人が体調を崩す「春夏冬(秋ナイ)症候群」
「疲れやすい」「肌が乾燥する」「ストレスが強い」と感じる人の多くは発酵食品不足を実感

8月8日(火)の「発酵食品の日」を前に、万田発酵株式会社(本社:広島県尾道市因島)は、全国の20~60代の男女1800人を対象に、「現代日本人の発酵食品の摂取と体調」に関する調査を実施しました。その結果、5年前と比べ「醤油」「味噌」など和風発酵食品の摂取頻度が減少しており、肌に自信がない人、秋に体調を崩す人は、発酵食品不足を実感する傾向にあることがわかりました。

■日本人の食生活は、5年前と比べ 「ヨーグルト」「チーズ」増、 「醤油」「味噌」減。
・5年前と比べ「ヨーグルト」「チーズ」は摂取頻度が増加、「醤油」「味噌」など植物性乳酸菌による発酵食品は減少。

最も摂取頻度が減った「醤油」「味噌」。50〜60代の植物性乳酸菌由来の発酵食品離れが顕著。

■素肌に自信がない人は、発酵食品が不足傾向に。日本人の6割が発酵食品不足を実感。
・発酵食品の摂取頻度が足りないと自覚する人は58.0%、1日に摂る種類が足りないと自覚する人は60.5%。

・「肌への自信がない」人は、「自信がある人」に比べて発酵食品不足を実感する傾向にある。

・特に素肌に自信のある人は、あらゆる発酵食品を1日2回摂取。

■“腸のスペシャリスト”松生恒夫先生が、バリエーション豊かな発酵食品摂取の重要性を指摘
・夏の終わりの急激な気温低下で体調を崩す「春夏冬(秋ナイ)症候群」に要注意! 

・対策はヨーグルトやチーズに加え、和風発酵食品をもう1品、たとえば、漬物や野菜たっぷりの味噌汁などを積極的に摂り、植物性乳酸菌」の摂取を習慣化させること!

Facebook coments

Facebook coments